ポイントサイト「ハピタス」

節約・ポイ活

※本サイトは、記事内に広告を含む場合があります。

皆さんはポイントサイトを利用したことがありますか?どんなポイントサイトを使ってますか?

このページでは、ハピタスをご紹介します

ハピタスとは

ハピタスを経由して見に行ったサイトで申し込みをしたり買い物をしたりすることでポイントがもらえ、現金に交換したり他のポイントに交換したりすることができます。

怪しく感じる人もいるかもしれませんが、だいぶ利用している人も増えて一般的になってきて活用してる人も多いのではないでしょうか。

クレジットカードの発行などでは大きなポイントがもらえるので「なんでだろう?怪しい!」って思ってもおかしくありませんが、それでも会社はCMや雑誌、街中の看板や宣伝カーなどで宣伝するより安い費用でユーザーを集めて利益を得られる仕組みだったりします。

ハピタスは1ポイント=1円でわかりやすいというメリットがあります。

シェアハピという紹介制度もあっていいのよね。

ハピタス公式を見てみる >

 

ハピタスポイントの貯め方

ポイントサイトでは、クレジットカード発行や証券会社の口座開設は数千円分から数万円分のポイントがもらえたりしますよね。

ポイ活上級者は、そのような高額案件をこなしていき、自分に合ったものを残していっているのではないでしょうか。

高額案件に取り組む

クレジットカードの発行、証券会社やFXの口座開設、電力会社の変更は、比較的高ポイントが付与されるジャンルだと思います。

このジャンルで利用したいと思えるサービスを探し取り組むことで、一気に高ポイントを獲得することができます。

ハピタスは、最高ポイントまたは同等くらい付与されることが多い印象です。

ポイント交換時のランクによりボーナスポイントがもらえるので、ランクを気にせずに気になった高額案件にすぐ取り組むことができるのがいいですね。

クレジットカード発行

発行したいなと思っているクレジットカードを発行する際にポイントサイトで調べてみると、数千円のポイントとなっていることもあります。

私は上の画像にあるように三井住友のナンバーレスカードをハピタス経由で発行しました。

ビジネス用、カードローンの場合、1万円以上のポイント付与となってることも多い気がいます。

ただし、稼げるからと次から次へと申し込み・発行するのは信用情報に傷がつくのでお気を付けください。

月に2枚も3枚も申し込むと多重申し込みとして審査で落とされてしまったり、他社で落とされているからと更に審査に通らなくなるということがあります。

クレジットカードを申し込んだという情報は、信用情報機関に約6か月まで残ります。

月々のカード利用・請求額の支払い状況は2年間分記録されます。

カード解約後は、2年間分の情報が5年または10年残ると言われています。

個人情報に傷がついてしまうと、他社のカードが作れなくなったり、ローンが組めなくなったりするので、十分注意しましょう。

証券会社の口座開設

投資信託を始めてから思ったのが、こんなに楽にこんなに早くお金が増えるのかということです。

ハピタス経由でSBI証券に取り組んで本当に良かったです。

今、SBI証券と三井住友のゴールドカードが大活躍しています。

リスクもありますが、米国のインデックス投資銘柄を選ぶなどポイントを押さえれば、むしろやらないほうがリスクだと私も感じました。

2022年6月、さらにドル高円安になり、インデックス投資をしていて良かったなと感じています。

過去の高額案件

2022年3月に入るころぐらいまでは、電力会社変更で高ポイントがGETできました。

電気代が安くなるとは知ってはいても面倒がっていたのですが、

ポイ活で1万円以上ということでやーーーっと変更してみました。

とっても簡単でした。切り替わってから何の問題もありません。

ハピタスのおかげで得しました。

ネットショッピング

ハピタスを経由してから、楽天市場、ヤフーショッピング・PayPayモール、auPAYマーケットなどのショッピングサイトを利用する。

多くのサイトと同等のポイント付与率になっています。

ハピタスで貯まったポイントの交換先

私がオススメだと思う交換先を紹介します。

2021年9月にランク制度がリニューアルされ、ランクと交換先により決められた割合でハピタスポイントが付与されるようになりました。

dポイントに交換

ハピタスポイントをdポイントに交換した場合、会員ランクによって最大で4%分がハピタスのボーナスポイントとして付与されます。(2022年2月7日時点)

dポイントを活用している人のみならず、年に1回ドコモが開催するdポイントへの交換キャンペーンで活用する人も多いのでは?

2020年の年末から2021年の年始にかけて15%増量でした。

更にハピタス独自で、最大25%増量のdポイント特盛キャンペーンもありました。

ドコモのキャンペーンは最近は年々パーセンテージが下がってきてるみたいですが、2021年の年末も楽しみにしていました。

そして、2021年も昨年同様の15%増量でした。

ハピタスからの交換では上記の15%の他、ハピタス利用による10%増量とランクによる最大5%の増量があり、合計最大30%増量は嬉しかったです♪

「2022年の年末は10%になるのでは?」という心配もある中、春に異例の増量キャンペーンが!

今後、どうなるかわかりませんが、お得な交換先のひとつです。

dポイントはポイント加盟店やd払いで支払いに使ったり、ポイント運用したり、日興フロッギーで実際に投資することもできてます。

dポイントは支払いに使うと基本的にポイントがつかないけど、ローソンの引換券に交換できるのがいいよね。

日興フロッギーでは、期間限定のdポイントも投資に使えます。期限を気にして急いで消費する必要がありません。

投資する銘柄や動きを見て、増やしてから売却するのもあり、すぐ売却するのもあり。

2022年のキャンペンに備えてみる?

ポンタポイントコード

ポイントの交換先として新しくポンタポイントコードが追加されました!

簡単にポンタポイントを増やすことができるようになりました~。

2022年6月12日現在、交換すると会員ランクによって最大で5%分がボーナスポイントとしてハピタスで付与されます。

auPAYマーケット限定のポンタポイントに交換すると最大1.5倍の価値にすることができるから過去に何度も活用していました!

過去のキャンペーン時には最大2倍にできたことも。

auPAYマーケット限定のポンタポイントにするデメリット

  • いくつも経由する手続きが面倒&日数がかかる。
  • 1.5倍にするにはauスマートパスプレミアム会員になる必要があり、月に上限3,000Pまで。
  • 上記以外の場合、1.1倍にしかできず、月に上限100,000Pまで。
  • 交換したらauPAYマーケットお買物限定の30日間限定のポイントになってしまう。
  • auPAYマーケットでは楽天市場などより割高な物も多いので価格チェックが必要。

上記のデメリットはありますが、ポンタポイントに交換するメリットが大きいのでハピタスポイントと等価で交換できる今はよく活用しています。

ポンタポイント(通常)に交換するメリット

  • ポンタポイントはローソンのお試し引換券に交換して商品をもらえたりお得に買い物ができる(ポン活)。
  • ポンタポイントをauPAY残高にチャージしてお買い物ができる。(1ポイント=1円)残高での支払いなので200円につき1ポンタポイントがもらえる。
  • auPAYプリペイドカードを持っていれば、auPAY残高をマスターカードの支払いとして使うことができる。プリペイドなので一部支払えない加盟店もあるが、こちらも200円につき1ポンタポイントもらえる。
  • auカブコム証券で投資に使える。
  • すぐに使わないポイントはauPAYアプリ内にあるポイント運用で増やすという選択肢もある。
  • auじぶん銀行とauPAYを連携し設定すると、ポンタポイントでチャージしたauPAY残高を無料で銀行口座残高にできる。
  • JALマイルに交換できる
  • auPAYマーケット限定のポイントに交換すると、ポイントが1.5倍以上にできることも!
  • auPAYクレジットカードの支払いに充当できる

PayPayマネーライトに交換

2021年5月20日からPayPayボーナスに交換できるようになりましたが、名称が変更になるタイミングで、マネーライトへの交換にかわりました。

PayPayは20%とか40%とか還元されるキャンペーンも多いお得なコード決済のひとつ。

ただし、PayPay残高でないと還元対象外になることも多いので、チャージ方法のひとつとしてハピタスポイントを交換しておくと便利です。

ハピタスポイントをPayPayマネーライトに交換するまでに会員ランクを上げておくことで、交換ポイントの最大5%がハピタスポイントとして付与されます。

2021年10月は、ハピタスポイントをPayPayボーナスに交換する際、最大5%付与されるキャンペーンも開催されていたので、今後また同じようなキャンペーンがあるかもしれません。

ハピタス簡単登録 >

銀行口座振り込み(現金に交換)

300ポイント以上100ポイント単位で指定して、手数料無料で現金に交換できます。

以前は私ももっぱらポイントサイトのポイントを現金に交換で銀行口座に振り込んでもらってました。

※本人名義の口座以外を設定することはできません。

買い物はポイントではなくクレジットカードを使いたい!っていうこだわりある人には嬉しいですね。

ただし、この方法だと会員ランクのボーナスポイントがもらえません。

上に書いたようにdポイントやドットマネー経由のポンタポイントなど、ひと手間ふた手間かければボーナスポイントがもらえます。

クオカードペイに交換する

ハピタスポイントをクオカードペイに交換した場合、会員ランクによって最大で5%ボーナスポイントが付与されます。(2022年6月12日時点)

交換レートが『300ポイント → 310円分』と、3.5%増量になります。

レートが上記とおなじだったか忘れてしまいましたが、過去に5%~15%以上の増量キャンペーンが頻繁にあった印象があるので、今後も何かあるかもしれません。

まだ使えるお店が少ないというデメリットがありますが、ローソンでよく買い物する人や吉野家or松屋でよくお昼を食べるような人やユニクロ&GUが好きな人にはいい交換先かもしれません。

ローソンスイーツ食べたいな

お小遣いの少ないサラリーマンは松屋の定食で節約だな

その他

良さそうだけど個人的には優先順位が低いというものをその他にしました。

2022年3月1日からTポイントにも交換できるようになりました。

Amazonギフト券とGooglePlayギフトコードへの交換は少し上乗せがあります。

ビットコイン(bitflye)への交換もできます。

マイラーにとってもお得なポイントサイトみたいですね。検索すると多くの記事が出てきます。

まとめ

ハピタスというポイントサイトは、いかがだったでしょうか?

他ポイントサイトと比べても高ポイント付与されることが多いハピタス。

交換するまでに会員ランクを上げておくことで、会員ランク&交換先によって最大5%分のポイント付与があります。

ポイントアップさせるために、アレしてコレしてとあまり考えなくてよいポイントサイトです。

交換する際も、2022年4月現在、すべての交換が手数料無料でできるのも魅力的です。

毎年dポイントへの交換増量キャンペーンが開催される時に、ハピタス独自のキャンペーンも開催され2021年度は併用して最大30%も増量にもなりました。

2022年度も期待しています。

ポンタポイントに交換するメリットもたくさんあります。auPAYマーケットポイントにして1.5倍の価値にすることもできます。

他に現金、クオカードペイなどへの交換も紹介しました。

お役に立つ情報が一つでもあったならば幸いです。

ハピタス公式サイト(紹介特典あり!)>

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました